ドラマ PR

家族だから愛したんじゃなくての草太役は吉田葵!ダウン症俳優で出身は

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

NHKの連続ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』が、7月9日(火)から、全10話でスタートします。

「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」は、以前BSで放送されたのですが、反響が凄く、再放送を待ち望んだ人も多かったようです。

作家・岸田奈美さんが、ご自身の家族について書いたエッセーが元になったドラマなんです。

今回は、弟の草太役の『吉田葵』さんについて、調べてみました。

この記事でわかること、

  • 草太役、吉田葵のプロフィール
  • 吉田葵の家族構成、兄はどんな人?
  • 俳優になったエピソード

こちらについて見ていきたいと思います。

草太役、吉田葵のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田 葵 ✩ (@aoi.sachi)がシェアした投稿

名前:吉田 葵(よしだ あおい)
誕生日:2007年1月4日(17歳)2024年5月現在
出身地:東京都世田谷区(生まれは京都)
身長:155cm
所属:ハッタオフィス
趣味:踊ること(ダンス・バレエ)、バスケ、LEGO、工作、漢字を覚えること
特技:モダンバレエ、音読、誰とでも仲良くなれること

とても明るい性格で、いつも笑っている顔が印象的ですね。

ダウン症で俳優になった人は、とっても数が少ないです。
連続ドラマでの起用は、初だということです。

葵さんを見ると、「やればできる」と勇気づけられますね。

吉田葵の家族構成

吉田葵さんの家族構成は、父・母・兄、そして葵さんの4人家族です。
ご両親は一般の方ですので、詳しい情報はありませんでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田 葵 ✩ (@aoi.sachi)がシェアした投稿

こちらは、おばあちゃんとスシローに行った時の写真を投稿しています。
家族やおばあちゃんとも仲良しなのが伝わってきます。

吉田葵の兄は?

葵さんのお兄さんも一般人ですので、顔などは出していません。
ただ、一緒にディズニーランドに行った様子をインスタに上げていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田 葵 ✩ (@aoi.sachi)がシェアした投稿

とっても仲が良さそうです。
2人でディズニーなんていいですね~

吉田葵の学校は?

吉田葵さんは、現在17歳。

特別支援学校高等部に通う2年生です。
どこの学校に通っているのかまでは、特定はできませんでした。

小学校2年生までは、一般の小学校に通っていたそうです。

幼稚園で仲良くなったお友達から、一緒に小学校に行こう!と誘われて、どうしようか迷われたそうですが、小学校の校長先生に相談すると、
「まずはやってみなきゃわからないからやりましょう」と応援の言葉を貰えたことで、通うことを決めたそうです。

小学校の3年生に上がる時に、勉強内容も難しくなることから、支援学級への転入を決めたそうです。
支援学級では、軽度の障害がある子がいたり、少人数で目が届くことも良かったようで、すんなりとなじめていったそうです。

支援学級では、それぞれの得意分野を伸ばすことに力を入れてくれたので、葵さんもゆっくりと理解できることが増えT絵行ったようです。

かけっこで1位になれない

ダウン症の子は、筋力が弱い子が多く、早く走ることなどは苦手なんだそうです。
どんなに練習しても、葵くんは1位にはなれなかったそうです。

その時に、お母さんから「ダウン症」なんだということを伝えたそうです。
「走ることは上手く出来なくても、バレエを踊ったりするのは得意だよね。できることはたくさんあるよ。」
と、伝えたそうです。

引用:CHANTO WEBより

俳優になったエピソード

なんでも、チャンスがあったらやってみよう。と思うようになった。
と、お母さんは話していますが、NHKの『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』で演技に挑戦したのも、こんな気持ちがあったからなんだそうです。

葵さんが俳優の道にあこがれを抱いたのは、ドラマや映画やミュージカルを見て、俳優さんたちの表情とセリフがかっこよかったから、僕もやってみたいと思いました。と語っています。

草太役に決まった時は、

びっくりしました!! うれしかったです!
(撮影現場で)オーディションで会った監督さんたちにまた会えて、とてもうれしかったです。

撮影中は、とにかく楽しかったそうです。

撮影後にお母さんが、

今回のドラマでエキストラを募集した際に、初めて障害のある方々からの応募があったと現場の方が喜んで教えてくれました。息子が出演していることで、自分にもできるのではないか!と応募してくださったとのこと。このドラマがひとつのきっかけとなり、今後日本のエンタメ界でも障害のある方々が活躍できる場が増えていくことを心から願っています。

このように語っています。
ダウン症でもできることは色々ある。
ダウン症であっても活躍している方は多いです。
この先も、社会で活躍できる方が増えることを祈っています。

ドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」

今回は、NHKにて火曜日夜10:00~放送されます。
BSは観れない。という方も是非見てくださいね!

あらすじ

岸本七実(河合優実)は高校生。
学校では、きらきらした一軍女子たちの輪に入れずに、今日も同じ三軍同士、天ヶ瀬環(福地桃子)と授業でペアを組まされていた。

いささか自意識をこじらせながら暮らしていたある日、母のひとみ(坂井真紀)から連絡が入る。
ダウン症の弟・草太(吉田葵)が万引きをしたかもしれないというのだ。

七実の、ありえないことが次々と起こるてんやわんやな日々が続いていく…。
大好きだった父・耕助(錦戸亮)の死、あまりにマイペースな祖母・芳子(美保純)との生活など、さまざまな出来事と向き合い、必死で笑い飛ばし、時々涙しながら、七実は「作家」としてブレイク・・・する予定?

まとめ

error: Content is protected !!