スポーツ PR

関田誠大の年収は?出身大学や高校・経歴も!身長とジャンプ力の凄さも

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

今回紹介するのは、「ジェイテクトSTINGS」に所属するバレーボール選手・関田誠大(せきたまさひろ)選手です。

彼は日本の男子バレーボール界で輝かしいキャリアを築いています。
関田誠大選手のプレイと実績はファンのみならず、メディアやスポンサー企業からも高く評価されていて今や注目の的!

関田誠大選手のプロフィールや経歴、学歴、年収などについて多くの人々が興味を持っています。

関田誠大選手はパリオリンピックで日本代表の司令塔として、今後もチームを牽引引っ張っていってくれることは間違いありません!

そこでこの記事では、「関田誠大の年収は?出身大学や高校・経歴も!身長とジャンプ力の凄さも」というテーマで調査した結果を紹介していきます。

【この記事でわかること】

  • 関田誠大の年収は?
  • 関田誠大の出身大学
  • 関田誠大の出身高校
  • 関田誠大のプロフィール・経歴
  • 関田誠大はジャンプ力がすごい!

どうぞ最後までご覧ください。

関田誠大の年収は?

ここでは関田誠大選手の年収はいくらなのか?公表されている訳ではありませんので、あくまで予想ですが、1000万円を超えるのではないか。と予想します。

収入源としては、所属しているチームからの収入、スポンサーシップ、メディア出演などがあげられます。

関田誠大選手の年収の内訳について、詳しく見ていきましょう。

所属チームからの収入

関田選手は、「ジェイテクト」に所属しています。
ジェイテクトからの給与が主な収入源になりますね。

日本のバレーボール選手の平均年収は、2024年1月では、推定平均年収は約841万円となるようです。
その中で、ジェイテクトの平均年収が707万円くらいだそうです。
引用:Job-Qより

関口選手も、バレーボールの活躍などからみて、年収700万円くらいもらっているのではないでしょうか。

スポンサー契約による収入

関田誠大選手はミズノとアンバサダー契約をしており、ジャパン株式会社ともスポンサー契約をしています。

契約料金は、企業によっても違いますし、個人の知名度や活躍状況によっても変わってきます。

一般的に、契約料金は数万円~数百万円に及ぶようです。

羽生結弦選手はANAとスポンサー契約をしていましたが、その時のスポンサー契約料は300万円との情報もあります。

そこまで多くはないですが、関口選手のスポンサー契約料金として、300万円くらいになるのではないか?と見込んでいます。

これらのスポンサー契約は、安定した収入源として選手生活を支える重要な要素です。

メディア出演とその他の収入

テレビや雑誌などのメディア出演も関田誠大選手の収入源の一部です。

バレーボール男子の活躍が増えることで、メディアへの出演も増えてきますよね!
大会の後も、出演の予定がたくさん入っているのではないでしょうか。

これらを合わせると、1000万円を超えるのでは?と予想します。

関田誠大の出身大学

次に、関田誠大選手の出身大学は中央大学になります。

関田誠大選手は駿台学園中学校に通っている頃、バレーボールの全国大会で優勝しています。

中学卒業後は東洋高等学校に進学し、高校でも春高バレーで初優勝しました。

また、高校卒業後に中央大学(法学部)に進学し、4年生の頃にはバレー部主将を務め、大学選手権では優勝しています。

学生の頃から、トップレベルの実力をキープしていることがわかりますね!

関田誠大の出身高校

上記にもありますが、関田誠大選手の出身高校は東洋高等学校です。

東洋高等学校は東京都千代田区にある私立高校で、バレーボールの関東大会に50年連続出場しているバレーボールの名門校として有名です。

関田誠大選手は1年生の頃からレギュラーセッターとして活躍していました。

1学年上には元日本代表選手である柳田将洋選手がいて、2010年3月の春高バレーで柳田選手と関田選手は優勝しました。

関田誠大のプロフィール・経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masahiro Sekita(@sekitamasahirophoto)がシェアした投稿


次に関田誠大選手のプロフィールと経歴を紹介します。

プロフィール

名前:関田 誠大(せきた まさひろ)
ニックネーム:セキタ
ポジション:セッター
出身地:東京都江東区
生年月日:1993年11月20日(30歳)※2024年6月時点
身長:175cm
体重:71kg
血液型:B型
所属:ジェイテクトSTINGS
ポジション:セッター
利き腕:右
最高到達点(指高):324cm(224cm)
(引用」:ジェイテクトSTINGS)

所属・経歴・個人タイトル

東洋高校(2010年3月春高バレー初優勝) → 中央大学 → パナソニック・パンサーズ → 堺ブレイザーズ → Cuprum Lubin(ポーランド) → ジェイテクトSTINGS
2015年:第68回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学選手権大会 優勝
2018年:バレーボール男子世界選手権 出場
2019年:FIVBワールドカップバレーボール2019 4位
2019年:バレーボール男子アジア選手権 第3位
2021年:東京オリンピック ベスト8
2015年:第68回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 最優秀選手
2016年-現在:バレーボール日本男子代表

(引用」:ジェイテクトSTINGS)

高校生の時、母校を春高バレー初優勝に導いていますが、高校卒業後はすぐにVリーグ入りをしないで中央大学に進学している関田誠大選手。

セッターというポジションは頭脳明晰でないと務まらないと言われてますが、文武両道の関田誠大選手にはまさにぴったりのポジションだと言えますね!

関田誠大はジャンプ力がすごい!

プロフィールでわかったと思いますが、関田誠大選手は身長175cmとバレーボール選手としては低身長なのに、最高到達点が324cmというのは驚異的です。

FIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023ではジャストなタイミングでジャンプし、ブロックポイントも決めています!

セッターとしてだけでなくブロッカーとしても頼もしい存在です!

まとめ

いかがでしたか?

今回は関田誠大選手について「関田誠大の年収は?出身大学や高校・経歴も!身長とジャンプ力の凄さも」というテーマで紹介しました。

以下まとめです。

・関田誠大選手の収入源は多岐にわたっていて、メインのVリーグからの収入に、スポンサー契約による収入、メディア出演等の収入を合わせると数千万円から1億円を超えている可能性がある。

・関田誠大選手の出身大学は、中央大学(法学部)である。

・関田誠大選手の出身高校は、東洋高等学校である。

・関田誠大選手は2024年6月時点で30歳であり、所属チームは「ジェイテクトSTINGS」である。

・関田誠大選手のポジションはセッターで、ジャンプ時の最高到達点324cmは、175cmである身長を考えると驚異のジャンプ力と言える。

関田誠大選手が法学部出身ということから頭脳明晰であり、セッターにぴったりの人物であることがわかりましたね。

また、素晴らしいジャンプ力の持ち主であることには驚かされました!

来たるパリ五輪では、全日本バレーボールチームの司令塔として活躍してくれると思います!

みなさんで関田誠大選手と日本チームを応援していきましょう!

error: Content is protected !!