人物 PR

伊藤蘭の紅白出場はなぜ?何歌うの?親子共演やみんなの反応も!

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

元キャンディーズのメンバーだった伊藤蘭さん。
愛称は『ラン』『ランちゃん』で、昔と今も変わらずとても可愛らしくてお綺麗ですよね。

現在は、『女優』『ナレータ』『ソロ歌手」として、様々な活動されていますね。

そんな伊藤蘭さんなのですが、2023年の大晦日『第74回NHK紅白歌合戦』にソロ歌手として出場することが決定しました。

ソロ歌手として初出場のようですよ。

親子共演するのではないかとも言われていますが、趣里さん(娘)は拒んでいるというお話もあり、果たして紅白出場の本当の理由はなんなのか…

そこで今回は、

  • 伊藤蘭の紅白出場理由は?
  • 伊藤蘭は何を歌うの?
  • 伊藤蘭の経歴・ヒット曲
  • みんなの反応

こちらを調べていきたいと思います。

伊藤蘭の紅白出場理由は?

2023年11月13日に、大晦日にソロ歌手として紅白歌合戦に伊藤蘭さんが初出場する旨をNHKより発表されましたね。

そんな中紅白出場理由については、伊藤蘭さんからの紅白出場理由については語られていませんので分かりません。

ですが現在、伊藤蘭さんの娘(趣里)さんが、朝のドラマ『ブギウギ』にヒロインとして出演しているのですが視聴率が低下しているので、視聴率を取り戻すためではないのか?その話題作りなのではないのか?というネットで憶測が飛び交っています。

しかしそれはあくまでネット上でのことなので憶測にすぎません。

伊藤蘭さんは2023年8月19日に、デビュー50週年を記念して、アニバーサリーライブツアーを神奈川芸術劇場にて行っていました。そして、2023年9月2日に50週年記念公演として東京国際フォーラムホールAにてライブを開催していました。

2023年で50週年を迎え、現在も精力的に歌手活動を行っています。
紅白出場は、キャンディーズ時代を含めると46年ぶりで4回目の出場になるようです。さらに昔と変わらず今も幅広い年代にも愛されている伊藤蘭さんだからこそ紅白出場に選ばれたのではないかと思います。

伊藤蘭は何を歌うの?

伊藤蘭さんは紅白歌合戦で何を歌うのかファンのみなさんのみならず気になりますよね。実際に何を歌うのかは公表されていないので、前日又は当日にならなければわかりません。

ちなみに紅白歌合戦で歌う曲を決める際には、

『デビュー曲』
『その年の上半期にだした曲』
『流行った曲』

こちらの3点を重点におき決めていくようです。

こちらの3点を踏まえ予想しますと、キャンデイーズ時代の歌をメドレーで歌うのではないかと思います。

ちなみに、伊藤蘭さんは会見の際に、
『今回は一人ですが、どういう歌を歌うかはわかりませんが、心の中はいつも3人でいる。そんな気持ちであります。』
と話していました。

伊藤蘭の経歴・ヒット曲

伊藤蘭さんはキャンデイーズ時代も含めると経歴がとても素晴らしいです。現在は、女優としてもよくドラマでお見受けしますね。

伊藤蘭のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤蘭(@ranito_official)がシェアした投稿

結婚して、大きなお子さんがいても美しい!
今も輝いてますね。

本名:水谷 蘭
生年月日:1955年1月13日(68歳)
出身地:東京都武蔵野市
身長:157 cm
血液型:O型
職業:女優・ナレーター・歌手
活動期間:1973年~1978年
1980年~
配偶者:水谷豊(1989年~)
娘:趣里(長女)
事務所:トライサム

「普通の女の子に戻りたい!」とキャンディースを解散後、2年くらいは引退していたのですが、女優へ挑戦したい。と復帰をしています。

伊藤蘭の幼少期時代

とても活発ですが恥ずかしがりや、口数が少なかったようです。人前に立つのが苦手で、中学に入学して『自分をかえたい‼』と演劇部に入部しました。

伊藤蘭の学生時代

1969年に東京音楽学院に入学して、スクールメイツのメンバーに選ばれます。
※当時伊藤蘭さんは、フォーリーブスの大ファンでフォーリーブスにバックで踊るスクールメイツにとても憧れ、東京音楽学院に入学したようですね。

1973年3月に日本大学第二高等学校を卒業して、1973年4月に日本大学芸術学部演劇学科に入学するが、多忙が続きほとんど通うことができず中退しています。

伊藤蘭のキャンデイーズ時代

1972年にNHKの歌番組のマスコットガールのオーデイションに合格、オーディションには田中好子さんと太田祐美さんも参加していて共に合格したようです。

そして、伊藤蘭さん・田中好子さん・太田祐美さんの3人組ユニットが誕生し、食べちゃいたいくらい可愛いという想いから『キャンデーズ』と命名されたようです。

キャンデイーズとしてデビュー直後は、スーこと田中好子さんがリードボーカルを務め、ランこと伊藤蘭さんはソプラノコーラスパートを務めていたようです。

ですが、キャンデイーズの知名度は高かったもののレコードセールスに反映されなくて伸び悩んでいました。

そこで、マネージャーさんが、伊藤蘭さんのファンが『ランに抱いている憧れのお姉さん』のような魅力に目をつけます。伊藤蘭さんをセンターにして、メインボーカルにすることを提案します。

そして、伊藤蘭さんをイメージして作られた5曲目シングル『年下の男の子』が大ヒット!!念願のオリコンのベストテン入りを果たし、以後人気はとどまることなく伊藤蘭さんがセンター位置からかわることなくリードボーカルを全うしています。

ちなみに1977年7月17日に、日比谷野外音楽堂でのコンサート中に、突然キャンデイーズの解散を宣言しましたね。

人気が衰えることなくキャンデーズを全うしてきただけにファンはすごく寂しがり悲しんだでしょうね。

伊藤蘭さんが、『普通の女の子に戻りたい!!』と泣き叫びながらファンに発信した言葉は、流行語になったようですよ。

その後、1978年4月4日のキャンディーズ解散コンサートと同時に芸能界も一時引退しました。

伊藤蘭キャンディーズ引退後

キャンディーズを引退後は、旅行や映画鑑賞、運転免許取得するなどして過ごしていたようです。

多忙な毎日を日々過ごしていた伊藤蘭さんにとって、とても有意義な毎日だったのではないでしょうか。

そんななか、映画や舞台を度々鑑賞しているうちに、燃焼しきれなかった女優への思いがつのっていき、新たな道に挑戦する気持ちで復帰を決意したようです。

その後、数々の映画やドラマに出演されていますね。

過去には助演女優賞を受賞したこともあるようですよ。

みんなの反応

紅白に伊藤蘭さんが出場するということで、周囲の反応が気になり調べてみました。

私が調べた限りでは、良い反応しかありませんでした。
キャンディーズ時代から築き上げてきた歌声も現在も健在で、キャンディーズ時代からのファンの方もたくさんいますので、毎回コンサートは大盛況のようですね。

理由はどうあれ伊藤蘭さんの紅白出場がとても楽しみですね。歌声を聴いて当時のことを思い出す方もいるのではないでしょうか。

まとめ

2023年の大晦日、紅白歌合戦に参加される『伊藤蘭』さんについて、まとめてみました。

キャンディーズとして活動してきた伊藤蘭さんですが、キャンディーズ解散後も同じグループの3人とは仲良くしていたみたいですね。

今回、紅白への参加も「趣里」さんが朝ドラに出演されていることも大きな要因かもしれませんが、批判的な意見よりも、楽しみにしている声が多く聞かれました。

今も変わらずキレイで、活動を続けている伊藤さん。
紅白では、どんな歌を聞かせてくれるのか楽しみです!

error: Content is protected !!